前へ
次へ

着物買取のその後の着物が気になる

着物買取での仕組みをご存知でしょうか。
買取された着物の行く末は、穴あきなどでは、もしかすれば買取不可とすることもありますが、そうなったとしたら処分ということになるでしょうが、売買が成立してからは、処分というのはほとんどないようです。
今は、リサイクルやリユース、リデュースの3Rのエコ時代です。
はぎれにすることにより、新たなモノに生まれ変わらせることができます。
着物買取店を活用する消費者の中には、リメイクアーティストとして週末起業する者もいるようで、リメイクした着物であったり、着物から新たな製品を作り出して、販売をしています。
買取のみという小規模店舗であれば、着物の市場(競売)へと持ち込み、そこで競り合うバイヤーたちが買い手になり、小規模のお店は利益を生み出します。
このバイヤーたちは、着物を中古で販売をするために買い付けしているケースが非常に多く、自分たちの店舗には無く、しかし、その店舗やエリア、消費者からの需要があるために、わざわざ買い付けをしています。
こうした目的以外であれば、日本の伝統着物を海外へ輸出するために、買い付けしていることもあります。
着物買取では、珍しい素材や着物繊維で有名な地域、織りなどから、着物買取額もかなりの差が出るようです。
洋服でいえば、高級アパレルブランドのモノと、プチプラファストファッションほどの差が開くのと同じではないでしょうか。
しかし、伝統的な着物の多くは、古くとも丈夫さがあります。
無造作にしまい込まれているワケでもなく、和紙などで丁寧にたたまれて、湿気や害虫の虫食いの被害にあわない桐のタンスに収納されています。
ですから、古くとも着物買取店では査定の対象にもなりますし、古ければ古いだけ、ヴィンテージ・レトロというように、若い女性や男性が評価するファッションテイストで、売りに出すことができますし、意外にも、値段が付かないようで値段が付くことが少なくないのが着物買取の魅力でもあります。

Page Top